木の飾り

腎臓病は毎日の食事や生活習慣を改めることが大切です

腎臓病宅配食についての詳細情報を求めているなら、腎臓病宅配食についてまとめている限定サイトにお越しください。本当に貴重な腎臓病宅配食の情報を、どんなウェブページよりもきちんと閲覧することができるはずです。

木の飾り
腎臓病の食事制限を助ける宅配食サービス >> 腎臓病は毎日の食事や生活習慣を改めることが大切です
木の飾り

腎臓病は毎日の食事や生活習慣を改めることが大切です

腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。腎臓は尿をつくる臓器で背中に二つあって体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質のバランスを整えたり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓病治療は当然病院でふさわしい治療を受けることも先決ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。

茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の形状・水の量・処理時間によっても異なります。

例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。

小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、搾るようにすると、より多く除去できます。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。

甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く含まれています。

お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個に近いたんぱく質が含まれます。

推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。仮に標準体重を約60kgとすれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。

例えば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で確認できます。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関するいろいろと工夫してやっていけます。仮に開業医さんに食事指導を受け付けてもらえなかったら、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにカリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生の野菜や果物と比べて含まれているカリウムが、間違いなく多量です。そのため、腎機能障害のある患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大事です。

そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、いわゆる蛋白制限食は不味い、栄養が足りないなどという意見で、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。

体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。

糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で7〜8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負荷が及びます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分に変換した場合30〜40gとなります。

食事をして摂り入れたたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓でろ過され、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。

過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。

腎機能を正常に保つために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。

とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。

毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、メニューに関するアイデアや、あるいは食塩の抑え方などを指導します。

例えば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。

一日における排泄物を検査し計算をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。

腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病を極力進行させない事と、良好な体調の存続です。

透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を手掛ける事で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析導入を遅らせることができます。

更に言えば、透析開始後も、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は必須なのです。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2017 腎臓病の食事制限を助ける宅配食サービス All rights reserved.
木の飾り